Introduction
こんなにも切ない、心を焦がす恋をしてみたい!
500万人が涙した、究極の初恋ムービー
月間770万人が訪問し、220万という膨大な作品の中から年間140冊以上が書籍化される小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」。その中でも、絶大な人気を得ているのが「Seventeenケータイ小説グランプリ」から生まれたNo.1ラブストーリー「通学シリーズ」です。集英社ピンキー文庫の書籍と「E★エブリスタ」の閲覧数を合わせると500万人もの人々に読まれている最も人気の高い小説が初めて映像化されました。大人気の「通学シリーズ」の中でも、もっとも感動を呼ぶと話題だったのは、「通学電車」と「通学途中」。この2作品は、登場人物や舞台が共通しているものの、それぞれが独立したストーリーになっています。

電車で毎朝見かける憧れのハルに片想いしているユウナに突然巻き起こる、新感覚の純愛ファンタジー『通学シリーズ 通学電車』は、“ただ見つめているだけでいい”と思っていた想いが、“ずっと一緒にいたい”という気持ちに変化するユウナの加速していく切なさでいっぱい。「指切りした約束、忘れない」と、ふたりが指切りをしながらキスをするシーンでは切なさMAX! 他にも、ふたりが部屋でじゃれ合ったり、ハルが「今日はこっちで寝てもイイ?」とユウナのベッドに潜り込むようなラブラブ&ドキドキ&キュン死シーンがたっぷり盛り込まれています。

主人公・ハルには、女子以上にキュートな笑顔が大人気の千葉雄大。優しい彼とクールな彼を演じ分け、物語に引き込みます。ハルに密かに想いを寄せる奥手なヒロイン・ユウナを演じるのは映画『ビリギャル』の好演などで女優として頭角を現してきた松井愛莉。ユウナに恋するトモ(吉沢亮)や、ハルの彼女であるナナ(阿部菜渚美)も登場し、複雑な恋の関係も見所のひとつです。

監督は、映画『ほしのふるまち』や、テレビドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」の川野浩司。脚本は、映画『受験のシンデレラ』や、テレビドラマ「ランチの女王」、「離婚弁護士」の武田樹里。主題歌は、ファッション誌で活躍中の読者モデルたちを中心に結成され、今年1月に日本武道館公演を成功させた4人組ガールズバンド、Silent Siren(サイレントサイレン)が、本シリーズのために書き下ろした新曲、「hikari」と「キミスキスマイル」の2曲。本作の世界観にぴったりな楽曲がスクリーンを彩ります。

女子中高生の心を射止めて離さない二つのラブストーリー、「通学電車」と「通学途中」。二組のカップルの純愛の行方に切なさが止まらない!